新潟県新発田市 FH-E245AWLパロマエコジョーズ給湯器

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新発田市 FH-E245AWLパロマエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号壁掛けFH-E245AWL
給湯器 新潟・新潟県新発田市にお住まいのお客様のガス給湯器を安価で人気のパロマ製「FH-E245AWL」
のガスエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号に交換させていただきました。

今回は、パロマガス給湯器・壁掛け給湯器に交換致しました。
 10年延長保証にご加入くださいました。ありがとうございました。
 お見積は無料で行っておりますので
 ご検討中の方はお気軽にお問合せ下さい。

石油給湯器交換 新潟市南区・石油給湯器故障取り替え工事

給湯器新潟・石油給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新潟市OTQ-G4702SAW
ノーリツ給湯器オートタイプ4万キロ壁掛けOTQ-G4702SAW給湯器
新潟・新潟県新潟市にお住まいのお客様のノーリツ製「OTQ-G4702SAW」の石油給湯器オートタイプに交換させていただきました。

石油給湯器をつけると外から黒い煙と異音が聞こえるようになり
怖くなって地元のガスライフ新潟さんにお願いしました
すぐに工事の担当の方が来て頂いて工事に取り掛かっていただきました
やっぱり地元のガス給湯器屋さんはこんな時、安心ですよね
ガスライフ新潟さんありがとうございました。

ガス給湯器交換 新潟県新潟市 GT-C246SAWX-2BLノーリツエコジョーズ給湯器

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新潟市 GT-C246SAWX-2BLノーリツエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号壁掛けGT-C246SAWX-2BL
給湯器 新潟・新潟県新潟市にお住まいのガス給湯器を安価で人気のノーリツ製「GT-C246SAWX-2BL」
のガスエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号に交換させていただきました。

昨晩ガス給湯器の追い炊きをしたら画面が真っ暗で
急に操作ができなくなり困りました
なんか数日前からもガス給湯器の音がヒューヒューしていたような
感じでした。急にガス給湯器が爆発したらどうしようと思い
ガスライフ新潟さんにお願いして急遽ガス給湯器を
交換していただきました。
お湯が無いって大変不便ですね。
ガスライフ新潟さんありがとうございました

知って得する!給湯器豆知識♫ part6 給湯器のエネルギーを比較 後編

各給湯器の設置費用を比較


次は給湯器によって
設置費用(取り付け工事)は違うのか見ていきます。

ガス給湯器 : 3万〜10万円
石油給湯器 : 3万〜10万円
灯油給湯器 : 3万〜10万円
電気給湯器 : 10万〜40万円

電気給湯器の中でもエコキュートの場合は20万円以上かかります。
それ以外の給湯器は設置費用に大きな違いはありません。

工事と本体購入を一緒にお願いすれば、比較的に工事自体の金額も安く抑えられる傾向にあります。

ガス給湯器と石油・灯油給湯器の比較

ガス給湯器は凍結の恐れや煙突などからの吹きこみが無ければ、ガス種によっては比較的手入れがいらないといわれています。
定期的にガス器具の点検が訪れますが、その際に不具合のおそれなども併せて指摘されるため、メンテナンスコストが頻繁なパーツ交換などでかかります。

ガス業者が、お得な取り付けとメンテナンスの一体型パックなどを設置時には用意していることもあり、比較的割安です。
プロパンガスでは配管や設置場所提供をガス業者が行ってくれるため、本体購入もしくはレンタル費用で賄えるものなども豊富となっています。
都市ガスでは、道路にあるガス管から先の配管を行う必要があり、この部分の工事費は通常は建主負担のため高額となります。
本体価格が高い灯油給湯器は、ススが燃料特性のためにたまりがち。
さらに気化燃焼や噴霧を行うものでは、周辺パーツが頻繁に壊れたり、汚れで不具合を起こしがちです。

ですが、費用(点検や分解掃除)が安く設定されています。
こういったところでは、季節による地域ごとの温度帯をよく分析しての選択が必要になります。

ガス給湯器と電気給湯器の比較

電気温水器では、非常にランニングコストがかかる(タンク容量を超える使用)ことから、人数に最適なタンク容量が必要です。
工事費の中でも、床面補強や、設置場所の排水などの配管が必要なのは、電気給湯器の方です。広さ(およそ一畳程度)が必要です。
一般的には給湯室用や洗面台用といわれる小型タンクを備えた電気給湯器は、非常にコンパクトでシンク下に収納できるクラスのものも存在します。
工事は暖房便座並の低予算・短時間で済むタイプもありますが、一般家庭の貯湯量(一日分の風呂や台所全てを賄えるのもの)はあまり見かけません。

また寒冷地などの比較的温度低下が激しいエリアで使用するには、ギリギリの低温となってしまうことから、屋内の凍結のないスペースを確保する必要があり、建物全体のスペース効率がコスト面に大きく跳ね返ることもあります。
またこの場合、本体設置場所と建物各部の配管にも、地域や断熱材によっては電熱線を多く巡らせる必要があり、その分コストがかさみます。

ガス給湯器では直圧式はもちろん、小さなタンクのものも豊富なため、既存の室内の状態にあわせたサイズや給湯能力のものも選べます。
ガスでも電気でも貯湯式の場合、また直圧式でも暖房系統をつけた場合や、給湯器のある位置よりも高いフロアに給湯する場合では、ポンプを各所に取り付ける必要があります。
流行の追い炊きや暖房などの系統、サーモスタットや、暖房機などの設置に伴うポンプなどを各所につけることで、配管自体が高額になります。

石油・灯油給湯器と電気給湯器の比較

寒冷地以外の設置工事費では、圧倒的に電気温水器のほうが安く済みます。
石油給湯器などでは屋外配管やタンク設置、煙突などの確保が必要ですが、壁掛けタイプやバランス釜などでは、壁面に穴を開けて設置するだけ。
地下や屋内設置の貯湯式や給湯能力の高い灯油給湯器の場合、燃料配管以外の配管部分に手間がかかることが有ります。

既に家屋に煙突が無い場合、壁掛や屋外型を選択すれば工事費は安価です。
ですが寒冷地では、落雪による排気不完全などもあるため、こうした部分もあわせて、使用箇所の条件で決定されてしまいます。

また寒冷地の場合、日中に低温となることもあり、配管全体を温めるための工事が必要となることが有ります。
寒冷地向けの保温能力等の特に高いタイプではない電気温水器を寒冷地の気密性の低い住宅に設置する場合、住宅配管の各使用箇所に向けて、断熱や加温昇温機材を追加するケースも。
灯油給湯器と電気給湯器では、実際の湯の利用時の温度がことなることが一般的です。暖地では排気のない電気温水器が経済的。
ですが寒冷地では、そのお宅で使用する時間帯や、一日に使う湯量によって、そして住宅の気密性能や、電気温水器のタンク容量、凍結防止や湯冷め防止のための電気代と機材、設置設備費を合わせて考えれば、灯油が経済的です。
地域の気候や温度帯によって、最適な給湯器の種類は違ってきます。

各給湯器のランニングコストを比較

それぞれのボイラー(給湯器)のランニングコストはどれくらいかかってくるのでしょうか。

ここでは、1年間にかかるランニングコストを計算してみました。

計算するにあたり、

1:国土交通省の§5給湯のエネルギー消費量の計算方法から、GJ/年を求め、

2:経済産業省のエネルギー使用量(原油換算値)簡易計算表の換算係数から、使用料を逆算して推定しています。

■ガス(都市ガス12A13A 直圧式 従来型)給湯器

ガス瞬間式従来型(都市ガス)

基本料金:745円 単位料金:135円として計算します。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算43.5 GJ/千㎥ ※ちなみに東京瓦斯では45 GJ/千m3)603.402m3
=745円×12カ月+135円×603.402㎥
=90399.31円/年

→都市ガスの場合は、90,399円/年

■ガス(LPガス 直圧式 従来型) 給湯器
ガス瞬間式従来型(LPGボンベ)
基本料金:1,823円 従量料金:518円
として計算しています。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算50.8 GJ/t)516.6929㎏
=1,823円×12カ月+518円×516.6929㎏
=289522.45円/年 

→プロパンガスの場合は、289,522円/年

■灯油給湯器(灯油 貯湯式 従来型)

石油貯湯式従来型 (灯油)
1Lあたり78.28円として計算しています。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算36.7 GJ/kℓ)715.204ℓ
=715.204ℓ×78.28円
=55986.169円/年

灯油(貯湯式)の場合は、55,986円/年

■灯油給湯器(灯油 瞬間式 従来型)
石油瞬間式従来型  
(灯油)1Lあたり78.28円
として計算しています。

<計算式>
1.33*19.3
=25.669 GJ/年
=(二次エネ換算36.7 GJ/kℓ)699.427ℓ
=699.427ℓ×78.28円
=54751.145円/年

灯油(瞬間式)の場合は、54,751円/年

■電気給湯器の場合
電気は 1GJ=277.778kwhより
3.61*19.3
=69.673GJ/年
=(2次エネルギー換算9.97GJ/千kWh)6988.264kWh
=196,715円/年

電気の場合は、196,715円/年

(40A 従B tepco くらしTEPCOより 電気温水器ヒーター式、熱交換、深夜電力オール電化なしのケース。)
と、単純に、一次エネルギー側のガス供給設備なども含めた単価を見ただけでは、灯油に軍配が上がります。

特にガスに関しては、料金の地域格差が都市ガス、LPガス(プロパンガス)ともかなり大きくなっています。
さらに屋外燃料置場設置の灯油やLPガスでは、地域によっては冬期間の除雪作業費などが必要となります。

★検討のポイント★
ご自宅まわりの設場所の条件や、安全性、機材や工事費含めたコストパフォーマンスなど、さまざまな角度から検討してみるのが良いでしょう。

各給湯器の耐用年数を比較

では、それぞれの給湯器の耐用年数はどうなっているのでしょうか。
ここからは、各給湯器を個別に比較していきましょう。

ガス給湯器と石油・灯油給湯器の比較

いずれも特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年の設計標準期間が定められています。
灯油給湯器はポット式、気化式、噴霧式がありますが、比較的こまめな清掃と点検が必要といわれる噴霧式はこの中では、短命なようです。
ガスも灯油も長い方では点検を受けながら15年以上も使われる方もあります。
構造が単純なタイプの灯油給湯器の方が長持ちです。

ガス給湯器と電気給湯器の比較

前述のような燃焼部分の構造にもよりますが灯油給湯器は実際には15年程度は使用する方が多いようです。

多機能や特定の製品でなければ、一度設置した後はほぼ点検もなく、故障知らずで使えるといわれる電気給湯器では、パーツの故障がなければ、ほぼ15~20年ほど使用可能。

ですが、腐食などによる劣化があれば、ヒーターやタンク、配管とも交換の可能性があります。
一般的には単純な構造のタイプの灯油給湯器と言いますが、いずれもタンク式では腐食なども多いため、ほぼ互角かもしれません。

石油・灯油給湯器と電気給湯器の比較

法定点検含め、この中ではもっとも点検の頻度が多いガス給湯器は、小さなトラブルにも比較的気づきやすいため、結果として長持ちしやすいといわれています。
ガス給湯器は特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年ですが、これよりも長く使う方がほとんど。
ガスの場合15年程度で部品がなくなるため、点検時に入れ替える方が多く、有償点検を受けない方が多く結果として故障まで使い続ける電気給湯器の方が、実際は長く使用される方が多いです。

各給湯器のまとめ

現在は、ガス、電気、石油など、エネルギー各社は、それぞれに非常にお得なサービスプランと機材を多数提供しています。

たとえばガスでも、都市ガスやLPガスを全国的に見渡しても、単価や割引プランは様々です。
同じ燃料でも、ヒートポンプタイプと、直接燃焼させるタイプでは、燃料消費量にはかなりの差が生まれます。

一方で、その作動音や振動になじめないという方もいます。
また、寒冷地などでは、故障の都度、即座に対応できる機材でなければ水道凍結などの低温による事故などの問題にもつながりかねないため、エネルギーバランスや復旧対応力が優先となります。

ただ一つ言えることは、独り暮らしや夫婦だけの世帯などで、あまりお湯や暖房を使わない地域のケースでは、直圧式が燃料代ともにお得といえます。

暖房と兼ねる場合、

・地域の寒さや住宅の保温性能

・暖房面積や時間帯

・確保したい温度帯

・冬季間の温度差などを考慮して選ぶのがよいでしょう。

そして、現在プロパンガスをお使いの方で、その料金の高さに悩んでいる方は、プロパンガス会社の切り替えを検討してみてもいいかもしれません。
プロパンガスは会社によって料金が違うため、今の料金が適正とは限りません。

知って得する!給湯器豆知識♫ part5 給湯器のエネルギーを比較 前編

食器洗いやお風呂の湯沸かし、暖房など給湯器って暮らしに欠かせないですよね。

そもそも給湯器には性能面の差異だけではなく、使用するエネルギーが異なっている事もご存知ですか?給湯器に活用するエネルギーは大きく分類して、ガス・石油・灯油・電気の4つになります。

いずれも良し悪しがついてくるものですが、総合的に見るとどれがもっとも良いのでしょうか。

■ガス・石油(灯油)・電気給湯器比較表

価格 耐用年数 設置費用 ランニングコスト
ガス給湯器 3〜10万円 約10年 都市ガス:90,399円
LPガス:289,522円

※但し都市ガスの場合
石油(灯油)給湯器 3〜10万円 約15年 貯湯式:55,986円
瞬間式:54,751円
電気給湯器 10〜40万円 約10年 196,715円

詳しい解説はこの後、各給湯器ごとにしていきますが、表で対比をしてみると、石油給湯器がもっとも良さそうですね。

なぜ石油給湯器が優れているのか、他の給湯器はどうなのか、さらに細かくみていきましょう。

各給湯器の概要について

給湯器を吟味しようと思った際に、色々な種類があることを知り、どれがもっともいいのか悩んでいませんか?では実際に、そのような給湯器について多彩な観点から対比をしてみたいと思います。

初めに、各々の給湯器の特徴や魅力についてご解説します。

ガス給湯器について

まずはじめに、ガス給湯器とは、LPガス・都市ガスが燃料の給湯器、風呂釜、動力・暖房用他ボイラーやヒートポンプなどの総称です。

ガスボイラーの種類は3種類あり、水道水が管で本体を通過する際に温める『直圧式』、水道からの水をタンク内に貯め温める『貯湯式』、タンク内で加圧して温める『真空式』などに分かれます。

直圧式のほうが、使用量が少ない場合ですとコストが安いですが、水量水圧がいつも一定以上確保可能なケース以外は貯湯式を採用します。

なお、設置の仕方には、壁掛け型、壁貫通型、壁組込型、床置型などがあります。
壁掛型直圧式で複数台連結設置が、事業所用にはできるものもあります。
配管含め壁掛け式等は小スペースですが、タンク付は水容量が一日分を超えるため、大型で耐荷重もスペースも一般的に確保が必須です。

風呂釜は設計年代と、バランス式などの種別等でサイズが異なります。

特定保守製品のため、家庭用で設計標準試用期間は10年ですが、長く使う場合がご家庭には多いようです。
事業所用は、長くておよそ3年前後といわれます。

メリットは

・高効率かつ排ガスがクリーンで、燃焼性に優れているため、省エネルギー性が従来の油ボイラよりも優れている
・給湯器は安価で、設置スペースが小さくて済む

デメリットは

・光熱費が比較的高い

このような内容になっております。

ガス給湯器の寿命は、一般的に8年~15年といわれています。
複数台連結設置が壁掛型直圧式でできるものも、事業所用にはあります。
配管含め壁掛け式等は小スペースですが、タンク付は一日分を超える水容量のため、一般的に大型でスペースも耐荷重も確保が必須です。

風呂釜はバランス式などの種別と、設計年代等でサイズが異なります。

特定保守製品のため、設計標準試用期間は家庭用10年ですが、長く使うご家庭が多いようです。
事業所用は長くて3年前後といわれます。

石油給湯器について

給湯器の中で石油給湯器は給湯に特化した製品で、『灯油だけ』を用いた製品のことを一般的には指します。

給湯器、風呂釜、床暖房などの総称です。
『灯油ボイラーと同義語』として多くのメーカーでは用いています。

比較的に粘度が近いのはA重油だけですが、通常、燃料の共用は推奨されません。

A重油・B重油・C重油などを業務用の給湯製品で使用するものに関しては『重油ボイラー』『油焚きボイラー』などと製品上は称されます。

燃料の余熱が、B重油とC重油を使うときは粘度が高く不純物が多いため必要となり、高い機材代など含め、大型施設などで使うボイラー以外では、むしろコスト高です。

設置方法では、床置き型・壁組込型・壁掛け型・壁貫通タイプなどがあり、通常は室内の大型灯油タンクか屋外に接続して利用します。

メリットは

・月々の光熱費が安く済む

デメリットは

・石油タンク取り付けスペースが必要
・給油の手間がかかる

このような内容になっております。

石油給湯器の寿命は一般的に約8年~10年です。

灯油給湯器について

灯油ボイラーは、燃料に灯油だけを用いた給湯器、風呂釜、床暖房、暖房用、動力源、各種ボイラー(ロードヒーティング用)や、ヒートポンプなどの総称です。

『石油給湯器と同義語』として多くのメーカーでは用いています。

比較的粘度が近い燃料にA重油がありますが、燃料の共用は通常推奨されません。

設置方法では、床置き型・壁組込型・壁貫通タイプ・壁掛け型などがあり、通常は室内の大型灯油タンクか屋外に接続して利用します。

また、暖房のための液体や気体を用いる配管を灯油ボイラーでもつものでは、循環用ポンプを別途設置することになります。
暖房などの目的に給湯用と兼ねて使う場合、別に暖房用を購入する方が、温度設定など次第ではランニングコスト安となることもあります。

現在は、暖房用パーツなど取り付けることが、さまざまな取付タイプの製品にできるものも増えています。

メリットは

・パワフルにお湯を供給してくれて、特に寒冷地で根強い人気がある

デメリットは

・比較的コストパフォーマンスがよいですが、定期的に給油をしなければならなかったり、給湯器の近くに灯油タンクを置くスペースが必要になる

・火事のリスクが高い

このような内容になっております。

寿命は、他の給湯器よりも8年〜10年と短めです。

電気給湯器について

電気給湯器は『電気温水器』とも呼ばれ、その多くは必要に応じて電気の給湯器内部に貯めた水を温め、保温しておき、給湯するもの。電気温水器のように、『貯湯式』(家全体の蛇口から出るお湯を作るタンクを内蔵したもの)のほか、これらに別系統の暖房用不凍液・融雪用系統・ロードヒーティング・風呂桶の湯の再加温の系統の管をプラスしたものが一般的です。

設置方法では、床置型・壁掛け型・壁組込型など。水道からの水をタンク内に貯め温める一般的な『貯湯式』、タンク内で加圧して温める『真空式』に分かれます。電気のヒートポンプ『エコキュート』製品では、電気代が安く、さらにこの中には、水道直圧式タイプの給湯を行うものもあります。

通常はタンク内の水道水を夜間になる前に補充し、深夜電力を使い沸かした後保温して、加温や水を混ぜながら給湯します。湯が日中に足りなくなると再度水を補充し、日中にも加温するため、使用する水量を把握しておかなければコストに響きます。

特定保守製品ではありませんが、タンク部・ヒーター・モーター以外あまり交換が無く、長く使用できる製品がシンプルな構造の分、多いといわれます。15~20年前後が目安です。ただし保有期限(パーツの)があり、生産終了から温水器で7年、エコキュートで9年。そのため、生産終了時期をしっかり確認し、点検やパーツ交換を専門業者に任せるのが良いでしょう。

各給湯器の本体価格を比較

給湯器を導入するにあたって、気になるのは本体価格です。

いざ導入しようとなっても、何百万もするものでは、検討するにも悩ましいところですよね。
では、各給湯器の本体価格はどれくらいとみておけばいいのか、相場を見てみましょう。

ガス給湯器 : 5万〜10万円
石油給湯器 :10万〜15万円
灯油給湯器 :10万〜15万円
電気給湯器 :10万〜40万円

ガス給湯器は約5万~10万円以下と、安価に出ているものが他の給湯器よりもあるようです。

本体価格だけを比較すると、一番お買い得なのはガス給湯器となります。

エコキュート電気給湯器(空気の熱でお湯を沸かす)の場合、20万円以上は安いものでもします。

安い給湯器順に並べると、

ガス給湯器<石油給湯器・灯油給湯器<電気給湯器

となります。

ガス給湯器と石油・灯油給湯器の比較

ガス給湯器は、灯油給湯器に比較すると、風の吹きこみや豪雪地、寒冷地ではない都市などを中心に使われることもあり、数多くの台数が出ています。そんなこともあり、本体価格が非常にお得。

石油給湯器は、灯油を効率よく燃やすため、液体で燃やすポット式の他、気化式、噴霧式などがあり、こうしたタイプでは本体価格も高めで、灯油タンク設置場所を屋外や地下にべた基礎で取る必要もあります。

石油給湯器の貯湯式は、タンクが大きく内部金属が丈夫ということもあり、重量も大き目。設置場所には丈夫な基礎や床面が必要。イニシャルコストは石油が高額です。

ガス給湯器と電気給湯器の比較

ガス給湯器は直圧式のタンクを持たないものを中心に、実売5万円前後から購入できます。機種が豊富なので、コストや機能にあわせてかなり価格幅があります。

一方、低電力で保温できるほど気密性の高いタンクを持つ電気温水器は高額です。基本的には深夜電力を使わない直圧式の壁掛けもしくは据え置き型で、20L内外のタンクをもつ電気給湯器を家庭用に使う場合、使用都度の加温となるためランニングコストが非常にかかります。こうした中小型タンクタイプは、主に洗面所向けなどの業務用が主です。

また、湯量が豊富な直圧式はヒートポンプタイプの1社に限られるため本体が割高です。

人数によって元が取れなくなると考え、このガスと電気の間では、とくに工事費や点検修理などの諸経費と、ランニングコストの双方を、しっかりと意識しましょう。

給湯器は入浴やシャワーで使う場合、2~4人の間は、ほとんど湯使用量が大きく増えないということもあり、1人使用や不在がちの方では、貯湯式ではガス電気とも不向きです。

石油・灯油給湯器と電気給湯器の比較

一般の灯油を使用する給湯器は、大型タンクの電気温水器に比べれば割安。電気温水器は、深夜電力利用を念頭に入れた設計のためタンクが大きく、設置場所も多く必要となります。イニシャルコストは総じて高いです。

対して灯油給湯器は、もともと本体に丈夫な金属を使っているため重量はありますが、どの時間帯でも使えるため、タンクサイズの小さなものも充実しています。また直圧式は更にコンパクトで、給湯能力の高いものなどもあります。

物を長く大切に使う方であれば、点検清掃などをこまめに受けておけば長く使え、かつガスタイプに比べて型式が変わらない製品や、また共用パーツも多い灯油給湯器がお勧め。
頻繁にメンテナンスを受けて、いつも快適な湯量や機能で使いこなしたいなら、ガスタイプがおすすめです。

ちなみに、灯油に近い形状やエネルギーのA重油や、粘度が高く火力も強いため発電所や工場などを中心に使われているB重油、C重油は、灯油でもどちらでも使える汎用タイプでない限り、同じ本体で使用することはできません。

特に単価がリーズナブルなBC重油タイプは、機材も数十~百万円近くと非常に高価で、設備も複雑なため、一般家庭では調達すること自体が難しいでしょう。
ハウス用や屋外用途のものには、安価な機材もあります。

知って得する!給湯器豆知識♫ part4 各メーカー別の特徴・選び方

「給湯器」は、お湯をつくる必要不可欠な機械です。
給湯器の買い替えを検討している中、どのメーカーを選べばよいのか迷ってしまいますよね。
そこで、国内給湯器メーカーの製品情報や比較、選び方、業者に依頼する際の注意点について説明しましょう。
国内給湯器には、さまざまなメーカーがあります。
自分に合った給湯器を選ぶためにも、メーカーの製品情報を把握しておきましょう。

各メーカー別の特徴

国内給湯器メーカーの中から、有名メーカー4社の製品情報を紹介します。
自分に合った給湯器を、それぞれの製品や特徴をしっかり踏まえつつ検討していきましょう。

リンナイの特徴

たくさんある国内給湯器メーカーの中でも、『Rinnai(リンナイ)』が1番知名度が高いです。
リンナイは1920年に創業しました。給湯器だけではなくストーブ・コンロなども製造してます。国内シェア約40%とかなり普及しており、ノーリツと二分しています。本社は愛知県名古屋市中川区にあります。
消費電力を抑えてくれる機能が、リンナイから発売している給湯器はほとんどついています。
消費電力は給湯器を使う場合気になるでしょう。
エコタイプの給湯器を選ぶ人も、できるだけ費用を抑えるため増えてきました。
エコタイプの『エコジョーズ』を、リンナイは取り扱っています。
従来の給湯器よりも、エコジョーズはガスがおよそ12%もカットできるのです。
また、二酸化炭素の排出量もなんと約12%削減できます。
ガスが少なくても、安心して効率的に湯を沸かせることができます。

給湯器リモコンの特徴

給湯器本体の見た目や性能より普段使うリモコンの使いやすさが、給湯器を選ぶとき意外と重要ではないでしょうか。
とにかく使いやすさにリンナイの標準リモコンは重点を置いていて、特徴として普段使う事の多いボタンを誰でも押せるように大きくしています。
また、リンナイはリモコンの種類が標準リモコン以外にもあります。

●電気配線工事が不要!『コードレスリモコン』

コードレスリモコン自体は元々、松下電器(現パナソニック)の特許でしたが、2007年にガス給湯器事業から撤退した後に、リンナイがその技術を引き継ぎました。

●スマートフォンの遠隔操作でらくらく♪「無線LAN対応リモコン」

屋内外から給湯器の操作が専用アプリの『どこでもリンナイアプリ』をダウンロードすることによって可能になります。(ご自宅の無線LANルーターに接続が必要となります。)

●タッチだけで操作が可能な『液晶タッチパネル』

指先一つでどなたでもわかりやすく、簡単に操作ができます。

給湯器の軽量化

どのメーカーも見た目は同じような重さに見えると思いますが、全ての機種ではありませんが、リンナイの給湯器は他のメーカーより少し軽いのが特徴です。
以下、各メーカーの同等機種の給湯器で重さの比較です。

メーカー 品番 重さ
リンナイ RUF-A2005SAW(A) 22.5kg
ノーリツ GT-2050SAWX-2BL 26kg
パーパス GX-2000AW 26kg

メーカー保証

メーカー保証は通常品は1年、BL認定品は2年となっております。
BL認定品とは、基準(一般財団法人ベターリビング財団の定めた)を満たした優良住宅部品と認定された商品のことを指します。
あんしんの3年保証というサービスをリンナイは自社で行っています。普通は1~2年の保証が、【インターネット】または、【取扱説明書に付いてるはがき】から申し込むと3年に変更されます。保証期間を無料で延ばせるため安心ですが、ただし業務用として使う場合は対象外です。保証期間を過ぎてしまった場合、有料で修理しなければならないので、保証期間が延びるのはユーザーにとって嬉しいポイントです。

『ECO ONE(エコワン)』

リンナイには、『エコワン』というハイブリッド給湯器の製品があります。2017年に初めて発売され、現行機種は第三世代となります。
平成25年度経済産業大臣賞・平成28年度省エネルギーセンター会長賞を受賞しています。
エコワンは、エコジョーズ(排気熱を利用し少ないガス使用量でをお湯を沸かせる)と、エコキュート(空気の熱を利用しお湯を沸かして貯められる)の長所を合わせ持ったハイブリッド製品です。

ノーリツの特徴

国内給湯器メーカーの最大手の、「NORITZ(ノーリツ)」です。
ノーリツは1951年設立し、給湯器の他にシステムキッチン・バス・洗面台・化粧台などを製造しており、国内シェアは約40%とリンナイと二分しています。兵庫県神戸市中央区に本社があります。
熱効率が最も高いと、ノーリツの給湯器は言われています。
4つのメーカーの中でも、ガス代の節約ができると同時に熱効率が高いため、コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。
現在では、地球にやさしい『エコジョーズ』や『ハイブリッド』、灯油が節約できる『エコフィール』などが登場しています。
ガスや灯油代を安くしたい方や、お湯を沸かすだけでなく暖房まで給湯器でまかないたい方は、ノーリツがおすすめです。
多様な給湯器を取り扱っているため、ぜひチェックしてください。

給湯器リモコンの特徴

ノーリツは2010年度以降、グッドデザイン賞を3機種で獲得しています。リンナイも受賞を2機種していますが、ノーリツが多くの受賞をした背景には、【デザインにこだわったリモコン以外の標準リモコン】でも受賞したことです。
ノーリツでは、6種類全てのリモコン《シンプルタイプリモコン・高機能標準タイプリモコン・高機能ドットマトリクス表示リモコン・スタイリッシュタイプリモコン・オプションリモコン》に独自の特徴があるので、自分に合ったリモコン選びをすることができます。

キッチン・システムバスも製造

給湯器だけではなく、ノーリツはキッチン・システムバスなど住宅設備の製造販売を行っています。
リンナイ(ガスに関することを中心製造している)に対して、元々ノーリツは社名が能率風呂工業といい、製造していたのが能率風呂という風呂釜でした。なので、水まわり製品の全般に強いという特徴が現在もあります。
様々な製品を製造しているので、メーカーをリフォームの際に統一しやすく、他社の給湯器を一括値引きなどで使用するのに比べ、安く出来る場合があります。また、幅広い組み合わせがあるのも特徴です。
給湯器の交換・取り付けだけではなく、家自体のリフォームを検討している場合は、一度ショールームで相談するのも良いと思われます。

ハイブリッド給湯器

リンナイのエコワン同様に、ノーリツにもハイブリッド給湯器の『ハイブリッド給湯・暖房システム』というものがあります。ノーリツは2013年に発売し、平成26年度省エネルギーセンター会長賞を獲得しています。

パロマの特徴

『Paloma(パロマ)』は国内給湯器3大メーカーの1つであり、人気が幅広い層にあります。
さまざまな年代の方が使いやすい特徴をもっており、どのような人にも受け入れやすい給湯器がそろっています。
パロマは、1911年設立し、給湯器の他にガス暖房装置、ガスコンロなどを製造。世界的な給湯器メーカーでアメリカのシェアは現在約5割です。愛知県名古屋市瑞穂区に本社はあります。
パロマは、非常に細かい機能が多彩で、【給湯+追い炊き+暖房】の三つがそろっているタイプがあります。
ほかにも、高温水供給やさまざまな防止装置、音声お知らせ機能、タイムスタンプ(点検の時期をお知らせしてくれる)、低音出湯(いでゆ)等々、いろいろな機能があるのです。
機能に興味がある方は、チェックしてみてください。

エコジョーズ給湯器『BRIGHTS』の特徴

給湯器には白くて四角というイメージが強いと思いますが、家やマンションの外観に合うように、最近では工夫されたデザインを施した機種も販売されています。
主張を抑えたパロマのエコジョーズ給湯器ブライツは、周囲や外観に馴染む【ノイズレスデザイン】となっており、外観色もメタリックベージュでデザイン性が周りと調和され景観を損なわないようになっています。ブライツは2014年度にグッドデザイン賞を獲得しています。
特徴としては、従来は150mmが必要とされている側方隔離距離を、独自の壁面火災防止装置があり10mmまで縮めることができます。また通常2年のメーカー保証を、ブライツの購入者に限り所有者登録することで5年に延長ができます。

『T-ino(ティーノ)』について

パロマは20号オートタイプに的を絞って、軽量でコンパクトな給湯器『T-ino(ティーノ)』を販売しています。
以下、リンナイの軽量型の給湯器と比較しました。

メーカー 品番 重さ 寸法(mm)
パロマ FH-207CAW 22kg 高さ565×幅350×奥行240
リンナイ RUF-A2005SAW(A) 22.5kg 高さ600×幅470×奥行204

上記の通り、リンナイより多少軽くサイズがコンパクトであるため、設置時における負担軽減が特徴です。

パーパスの特徴

パーパスは1952年設立し、給湯器をメインとしたガス機器や住宅設備における関連機器の製造などもしています。静岡県富士市に本社はあります。

給湯器リモコンの特徴

パーパスもグッドデザイン賞を700シリーズと800シリーズで獲得しています。
800シリーズの特徴は、700シリーズと比較すると約30%コンパクトになっており、シンプルな機能に変更しボタンの数を減らしてあります。また、各メーカーのリモコンの色は白が多いのですが、パーパスはシルバーもあるので好みに合わせて選べます。
700シリーズの特徴は、ボタンのある部分にわずかな角度を付ける工夫により、ボタンの位置が触覚でもわかるので操作がしやすいです。

井戸水対応給湯器

井戸水を普通の給湯器には使うことはできないとしています。理由は井戸水の成分によっては、不純物が機器の配管に溜まって劣化してしまい、穴が開いてしまう場合があるからです。
故障の原因が井戸水の場合、保証対応することが通常はできません。しかし、2009年からパーパスは高耐久性に優れた物を配管に使い、井戸水でも使用できる給湯器を開発し、発売しました。
また、井戸水対応のエコジョーズ給湯機GX-H2400AWPを2017年2月に販売しています。

給湯器メーカーの選び方

メーカーによって「性能」の差はない

たくさんある給湯器メーカーの中から、どのメーカーを選ぶべきか悩んでしまいます。
正直言うと、メーカーによる「性能」の差はありません。
「どのメーカーが1番性能はよいのか」気になると思いますが、実際のところは、思っているより差がないのです。
確かに、メーカーの製品によってついている性能は異なります。
しかし、性能自体の差は変わりません。頭の中に入れておいてくださいね。
性能が変わらないなら、問題は「あなたが何のために使うのか」です。
何のために給湯器を使うのか、考えてみましょう。
お風呂を沸かすため、シャワーを効率的に使いたい、給湯機能だけでよいなど、人によって違います。
自分に合った給湯器を見つけるには、「目的」を明確にしておかなければなりません。
ハッキリしていない人は、給湯器を使う目的について考えてみてください。

『家族の人数』や『好み』によって選ぶ

給湯器メーカーの選び方は、基本的に『好み』です。
自分の好みに合ったメーカーを選ぶとよいでしょう。
「評判のよいメーカーに決める」「製品機能が気に入っている」と、自分の好みで決めている人もたくさんいるのです。
先ほども説明したとおり、メーカーによって性能の違いはありません。
よって、後は、自分の好みや条件に合った製品メーカーを選ぶだけです。
メーカー選びに思い悩む必要はありませんよ。
素直に、自分の好みに合ったメーカーを選んでください。
いくつかのメーカーを比較するためにも、カタログを取り寄せるとよいでしょう。
ホームページで確認してもよいです。
また、給湯器を販売しているお店に行き、詳しくメーカーごとの説明を聞いて決める人もいます。比較をすると、自分の好みがわかりやすくなるでしょう。

各給湯器メーカーのまとめ

国内給湯器メーカーの製品特徴や給湯器メーカーの選び方、業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
給湯器メーカー選びも大切ですが、最終的には、設置業者が大きなポイントになります。
できるだけ価格を抑えたい、保証がついている給湯器が欲しいと考えている人は、設置業者に注目しましょう。

●国内給湯器メーカー知名度№1の『Rinnai(リンナイ)』
●業界最大手の『NORITZ(ノーリツ)』
●安定した人気が幅広い層にある『Paloma(パロマ)』
●特徴的な細かい機能がある『PURPOSE(パーパス)』
●メーカーによって性能の差はない
●自分の好みや家族の人数で選ぶ
●保証がついているかどうかチェック

以上のポイントは、要チェックです。

ガスライフ新潟ではお客様のニーズに合わせた給湯器等の販売を行っております。
ご不明な点がございましたら、弊社窓口へお問い合わせください。

給湯器故障 新潟市南区・ガス給湯器故障取り替え交換工事

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新潟市 GT-C206AWX-2BLノーリツエコジョーズ給湯器セミオートタイプ20号壁掛けGT-C206AWX-2BL
給湯器 新潟・新潟県新潟市にお住まいのガス給湯器を安価で人気のノーリツ製「GT-C206AWX-2BL」
のガスエコジョーズ給湯器セミオートタイプ20号に交換させていただきました。

ついに壊れました、最近妙に温度が上がらずおかしいなと思いました
やっぱり故障でした。即日対応のガスライフ新潟さんにお願いしました。
うわさ通り、即日対応。キャンペーン特価!ありがとうございました。

給湯器故障 新潟市江南区・ガス給湯器故障取り替え交換工事

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新潟市 GT-C246SAWX-2BLノーリツエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号壁掛けGT-C246SAWX-2BL
給湯器 新潟・新潟県新潟市にお住まいのお客様の市ガス、エコジョーズ給湯器セミオート24号、ガス給湯器を安価で人気のノーリツ製「GT-C246SAWX-2BL」のガスエコジョーズ給湯器セミオートタイプ24号に交換させていただきました。

・今回は、パロマの壁掛け給湯器からノーリツエコジョーズ
壁掛け給湯器に交換致しました。
現在ノーリツ製給湯器を大特価で取り扱い致しております。
お見積は無料で行っておりますので、
交換を検討されている方お気軽にご連絡お待ちしております。

給湯器修理 新潟市西蒲区・ガス給湯器故障取り替え交換工事

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県長岡市 GT-C206AWX-2BLノーリツエコジョーズ給湯器セミオートタイプ20号壁掛けGT-C206AWX-2BL
給湯器 新潟・新潟県長岡市にお住まいのガス給湯器を安価で人気のノーリツ製「GT-C206AWX-2BL」
ガスエコジョーズ給湯器セミオートタイプ20号に交換させていただきました。

・お客様の設置環境やご希望により 給湯器オプションをご提案・お取付させていただきました。
 修理、不具合等ございましたらお知らせください。
 今回の交換工事は配管等が劣化により老朽化が進んでいましたので、配管類の修繕等の交換を
 させていただきました。ありがとうございました。

給湯器交換 新潟市中央区・ガス給湯器故障取り替え交換工事

給湯器 新潟・ガス給湯器故障取り替え交換工事 新潟県新潟市 RUF-A2005AW(A)リンナイ給湯器フルオートタイプ20号壁掛けRUF-A2005AW(A)
給湯器 新潟・新潟県新潟市にお住まいのお客様のガス給湯器を安価で人気のリンナイ製「RUF-A2005AW(A)」
のガス給湯器フルオートタイプ20号に交換させていただきました。

・緊急時にも柔軟に対応できるよう万全の体制を整えて、
 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
ご自宅の給湯器の故障や、不具合でお困りのお客様は、
 まずはご連絡ください。
 フリーダイヤル 0120-995-840

給湯器でお困りの方は住設ガスライフ新潟にお任せください!
新潟県ならどこでも最短即日対応いたします。工事エリアは工事エリアは新潟県内の新潟市、長岡 市、三条市、燕市、加茂市、柏崎市、見附市、五泉市、新発田市、他!無料でリンナイ・ノーリツガス給湯器交換などの機器保証は安心の5年保証付です。工事 見積もりも承っております。

無料相談・お問い合わせはコチラから 0120-995-840 メールでのお問い合わせはコチラから

ガス給湯器故障修理、交換対応エリア

新潟県全域対応可能!

新潟のガス給湯器・修理交換専門店!
新潟市、上越市、三条市、燕市、長岡市、柏崎市、加茂市、新発田市、五泉市は即日スピード対応!
地域最安値を目指します!ノーリツ、リンナイ、パロマ他、給湯器のことならお気軽にご相談ください!

  • ノーリツ
  • リンナイ
  • パーパル
  • ハーマン
  • パロマ
  • コロナ

24時間受付年中無休