知って得する!給湯器豆知識♫ part3

Contents

給湯器の追い炊きは付けるべきなのか?


CIMG7327

お風呂場の給湯器設置で、追い炊き機能を付けるか付けないかは、悩まれる方も多いと思います。

お風呂だけの給湯機能を考える場合ですと、「追炊き」もしくは「高温水供給」の2つを選択することになります。

前者の「追炊き機能」を付ける場合には、循環用の穴を開ける工事が必要になってきますが、「高温水供給」であれば工事の必要はなくなります。

しかし、水道代のことなどを考慮して、工事をしてでも「追炊き機能」を付ける方が多くいらっしゃいます。

「追炊き」の仕組みとしては、循環用のパイプが浴槽の穴の中にあり、それが水を強制的に吸い込んで、温めた湯を再び風呂釜に戻すというものです。

給湯器の設置場所によっては浴槽内の穴の数は異なっており、設置フリー型では穴は一つ、浴室隣接設置型では穴は二つとなります。

マンションや一戸建てなどでは、設置できる機種が住居様式によっても異なるので、「追炊き機能」が付いた給湯器を選ぶ際には専門の業者に相談すると良いと思います。

追炊き機能付きガス給湯器

そもそも追炊き機能とは浴槽のお湯の温度が下がった時に再度お湯の温度を上げる仕組みの事です。

また、追炊き機能には浴槽を温める事と、キッチンなどでの同時使用が出来るものと出来ないものがあります。

追炊き機能の仕組み

追い焚き機能の仕組みには大きく分けて「循環釜直結方式」と「給湯方式」というものが存在します。

循環釜直結方式とは?

浴槽と風呂釜を配管でつないでお湯を循環させる仕組みです。

またその中でも自然循環方式と強制循環方式の2つがあります。

自然循環方式

浴槽の中に上下に2つの循環口があり、下の口 から温度が低い水を吸い込み風呂釜の中で温めてから上の口から暖かいお湯を吐き出します。

強制循環方式

自然循環方式とは異なり、1つの口からお湯を吸い込み強制的にお湯を循環させる仕組みです。

循環口にフィルターを付け汚れやゴミなどを吸い込まないようにしています。

強制循環方式には全自動タイプ(フルオート)と自動タイプ(オート)があります。

全自動タイプ(フルオート)

自動湯はり・自動設定水位ストップ・自動追い焚き・自動で保温・自動足し湯。

自動タイプ(オート)

自動湯はり・自動設定水位ストップ・自動追い焚き・自動で保温。オートタイプは自動足し湯はありません。

上のフルオートとオートだけ丸コピなので、いい方変えて欲しいです。

給湯方式とは?

浴槽に暖かいお湯を強制的に足して温度を上げる仕組みのことです。

最近では、給湯方式と循環方式を複合した機能もあり、「追い焚き機能付き給湯器」とも呼ばれる事があります。

高温水供給ガス給湯器

高温水供給方式給湯器と追い炊き式風呂給湯器の違いについて、お伝えいたします。

上記2つの種類の給湯器は、どちらも自動湯張りでお風呂のお湯張りが可能なタイプの給湯器です。

高温水供給方式給湯器は、お湯の温度が下がってから使用する場合、給湯器から温度の高いお湯を足して、お風呂を温めます。

その為、お風呂のお湯の量が増える事になります。

マンションでの追い炊き配管工事は、とても難しくなります。

給湯器が設置されているスペースのすぐ真裏が浴槽の場合、配管を通すことも可能な事もありますが、床下などに配管を通す工事の場合とても必要が高くなってしまいます。

もし、リフォームなどご検討の場合、合わせて工事する事でコストも抑えられると思います。

ガスライフ新潟は、このような設置に関するご相談なども多く承っております。

また、現在の給湯器に追炊き機能がなくても付け足すことが可能ですので、浴槽に追炊き機能が欲しいという場合には一度お気軽にお問合せください。

当社スタッフが迅速に対応させていただきます。

ガス給湯器をニーズに合わせて選ぶ


CIMG7327

ガス給湯器には、「ガス風呂がま」「ガス給湯器」「ガス風呂給湯器」「ガス風呂給湯暖房機」の4つの種類があり、ご家庭の世帯状況などによって、それぞれ選ぶことが可能です。

「ガス風呂がま」は、浴槽専用の給湯器になります。

浴槽に湯をはったり、追炊きをしたりする専門の給湯システムです。

「ガス給湯器」は、家中の給湯ができる給湯システムです。

洗面台やバスタブ、台所での給湯をおこないますが、お風呂の追い炊き機能は付いていません。

「ガス風呂給湯器」は、お風呂の追い炊き機能が、ガス給湯システムに追加されたシステムです。

家中の給湯からお風呂の追い炊きまでを、たった1台でできるのでとても便利です。

現在多くのご家庭がガス風呂給湯システムを使っています。

「ガス風呂給湯暖房機」は、給湯と追い炊きのほかに、『床暖房』や『浴室暖房機能』なども利用できる最先端の給湯システムとなります。

こちらのタイプは給湯、追炊き、暖房が1台で可能となり、電気代の節約にもなるため、最近少しずつ需要が伸びています。

以上の種類のほかに、購入を検討する際にはpart2にもありました『号数』や『設置方法』なども視野に入れる必要があります。

選ぶ機種は、ご家族の人数によっても変わりますし、マンションなどの集合住宅と一戸建てでは、設置場所も異なるため機種が変わる場合もあります。

ですので、購入の際にはガスライフ新潟にお気軽にご相談頂ければと思います。

知って得する!給湯器豆知識♫ part2

Contents

給湯器の「号数」について


CIMG7327

給湯器には「号数」という用語があります。
10号から28号までの号数を用いて、出力を図るための指標としています。

これらの10から28といった数字はそのまま、

  「水温+25度のお湯を1分間でどれくらい出すことができるか」

という数字と同様のものになります。

すなわち、

  「10号=10リットル、28号=28リットル」

を出せるということです。


どの号数が適切なのか

では、どれくらいの号数が日常に使うときに適切になってくるのでしょうか。
小さすぎる場合や、大きすぎる場合もそれ相応に問題が生じてきます。

10号は、シャワーでの利用は、主にスポットでお湯を使うレベルなので難しいです。
16号なら、シャワーの利用を、一人暮らしでも一年を通して使うことができるレベルになります。
ワンルームならば問題ないと思われます。

家族がおり、洗い物をしながらシャワーを使おうとするならば、必要なのは20号以上になります。
一般的な目安として、4人家族の場合で良いとされるのは24号程度とされています。

ちなみに、28号ともなると相当余裕のある設備になってきます。
もちろん機器の値段なども、28号ともなると相応に高くなりますが、
通常でしたらここまでの必要はありません。


号数によるコストの違い

また、出力が高いということは、機器の価格だけでなくそのまま水道代にもつながってきます。
ということは、「たくさんの水が出る=水道代もあがる」ということになります。
高い号数のものを不必要に選んでしまうと、それこそ普通よりも水道代が高い
なんてことになってしまいます。
重要なのは、各家庭に合った適切な号数を選ぶことです。

これらについてのご相談は、当店のスタッフにお問い合わせください!

冷たい!シャワーの水が急に冷たくなる原因って何?


CIMG7327

シャワー利用していて、

「一度熱いお湯が出る→冷たい水が出る→ちょうどよいお湯が出る」

と戸惑った経験はありませんか?
これは「冷水サンドイッチ現象」と呼ばれており、
古いタイプの給湯器をお使いの際に、一度お湯を止めた時に起きる現象なのです。
ではなぜこのような現象が起きるのでしょう?


給湯器の構造 「冷水サンドイッチ現象」が起きるわけとは

冷水からお湯を瞬間型給湯器で作る際に、熱交換器で冷水を温めてから放出します。
一旦お湯を流すのを止めると、先述の熱交換器が高温のまま熱をためる状態になります。
「冷水サンドイッチ現象」で最初に流れてくる熱いお湯は、
先ほどの給湯器の余熱で温められていたお湯です。
そして次に、お湯を流そうとすると熱交換器で冷水を温めるのが間に合わなく、
冷たい水が流れてくることになり、それらの水が流れ出た後に、適温のお湯が出てくるよになるのです。


「冷水サンドイッチ現象」を防ぐ「Q機能」とは

冬場の悩みで、冷水がつらい…と思ってる方が多くいらっしゃいます。
そんな方々のために、「Q機能」と呼ばれる再出湯の際の温度変化を最小限に防ぐ装置が、
新型の給湯器に搭載されています!
これは熱交換器を挟んで、それぞれの配管を電子ユニットで制御し、
バイパスサーボと呼ばれる部分では、熱交換器へ入り込む水が流れる配管と
お湯が排出されれる配管をバイパスでつないで、モーターの回転によって水量を調節し
設定温度までの到着時間を早めてくれます。
この「Q機能」が搭載されているかどうかは、給湯器を選択する際に確認しましょう!


給湯温度とシャワー部分の温度設定について

この「冷水サンドイッチ現象」自体は、急に熱いお湯が出ることによる
やけど防止のために給湯器が水から排出されるように設定されていることで起きる現象です。
なので「Q機能」が搭載された新型への交換以外ですと、問い合わせなどをしても対処してくれる
ことは少ないですが、あらかじめ給湯器側の温度設定を50℃くらいの高めに設定しておき、
シャワー部分で調節することで、ある程度は冷水を緩和することもできますので、
どうしてもこの現象を不快に感じてしまう方は、そちらでの対策もお勧めしております!

知って得する!給湯器豆知識♪ part1

 

ガスと電気給湯器、どっちがお得?


CIMG7327

ガス式と電気式で、どっちがお得なんだろう?と悩むときに、さまざまな判断基準がありますが、
気にされる方が多いのは、『初期費用』ではないかと思います。

初期費用に関して言えば、電気式<ガス式 で安くコストを抑えることができます。

ガス給湯器の初期費用のコスト内訳は以下になります。

本体価格+取り付け工事費用=20~30万円程度 です。

住居様式や追い炊き機能の有無などによっても費用は変わり、
一戸建てよりマンションなどの集合住宅のほうが、高くなる傾向があります。

取り付け工事費用は業者によっても変わりますが、一般的には20~30万円程度となっています。

では、一方の電気式ですが、最近少しずつ需要が伸びてきているエコキュートの場合ですと、

本体価格込みの工事費用=100万円程度  です。

また、光熱費がガスよりもお得と言われていますが、設置をしたあとの毎月の光熱費に関しても、
実情はさほど大差がないため、コスト面で考えたときには、ガス式のほうが断然お得となっています。

以上の理由から、ガス式給湯器を選ぶご家庭がほとんどとなっております。

なお、ガスと電気のメリットだけを取り入れたハイブリッド給湯器(リンナイやノーリツから発売)の場合は、
初期費用はエコキュートとさほど変わらないのですが、その後の光熱費は従来のガス給湯器と比較して
約55%の光熱費カットになるので、新規購入の際にご検討なさる価値はあります。

フルオートとオートについて


CIMG7327

給湯器には、フルオートとオートの2つのタイプによる機能でお風呂を沸かしています。

オートタイプは、設定で選択した水量になるまで自動でお湯をはると、
給水をストップさせて、設定温度で保温をするようになります。
そして、お湯を足したい場合は手動となります。

フルオートタイプは、オート機能にさらに加えて、
自動でお湯を足してくれたり、配管自動洗浄機能も搭載しているので、
配管のお掃除等をせずとも、常にきれいなお湯を供給してくれます。

お風呂の配管の汚れはすぐに溜まってしまうので、機械がオートで洗浄してくれる
この給湯器のシステムはかなり人気が出ていいます!

2人で暮らす場合などは、足し湯などを手動でおこなっても
さほど手間はかからないため、オートタイプで問題はないと思います。

逆に、大人数の所帯(4~5人家族)では、お風呂に立て続けに入ることも多くなり、
この場合には、自動でお湯の温度や量を戻してくれる、フルオートタイプが便利です。

このようにご家族の人数によって、
フルオート・オートタイプを選ぶのも一つの基準にはなると思いますが、、
予算等も、フルオート・オートタイプの取り付けによって異なりますので、
全体的な見積もりを計算するなどしてから決めるのも、一つの方法です。

給湯器の寿命ってどれくらい?


家電と同様に、給湯器にも寿命はあります。

使用頻度や機種によっても寿命の時期は異なりますが、給湯器の一般的な寿命は、

10~15年(毎日使う場合)   となっています。

リンナイやノーリツなどの各メーカーでは、通常の使用をした場合で、安全面で保証できる使用期間を10年と定めています。
10年以上、設置から経過したものに関しては、保守部品の生産がすでに終了していることもあり、壊れてしまった場合、
ほとんどの機種は修理の対応ができないのが現状です。

寿命や故障がくるまでのサインとしては、

給湯温度の不安定感、お湯が出るまでに時間がかかる、お風呂のお湯がぬるい、

等があります。

ただし、このような症状があった場合でも、故障ではないこともあります。
給湯器は10年以上使用することによって、熱交換器が劣化してしまうため、新品と比較すると2割程度機能が衰えてしまうことがあります。

そのため、これらの問題が起きた場合には、専門業者に速やかに依頼をして、
給湯器の状況・状態を確認する必要性があります。

ガスライフ新潟では、現在お客様がお使いになられているガス給湯器の不具合を調べ、
修理をするのか、交換するのかを的確に判断させていただきます。

新潟県内でしたら、迅速に対応させていただきますので、
故障かな?と思ったらまずは連絡をください。

給湯器の熱源タイプには特徴がある


給湯器には種類が様々あり、熱源においてはではガス・電気・石油のほかに、
高率型のエコ給湯と言われるものまで幅広く揃っています。
熱源によっても得意だったり、不得意があるので、購入時にはよく理解して検討すると良いでしょう。
熱源別給湯器の、一般的に知られている大まかな特徴としては、

ガスの場合

 ・ガスの給湯機器は小さい
 
 ・設置スペースの幅を取らない
  
 ・電気に比べてコストが安い

があります。

ですが、燃焼時の音がうるさいこともあります。

電気の場合

 ・音が静かで取扱いが簡単
 
 ・ガス漏れなどの心配がない

 ・深夜に使用する場合には電気代が高くなる

石油の場合

 ・もっともコストが安い

 ・現在はあまり普及をしていない

などの特徴があります。

これらをトータルして一番需要が高いのは、ガス式の給湯器となっております。

ガス式は、他にも燃料制御が容易なため単純な構造をしていて故障しにくい特徴があります。
そのうえ、給湯能力が高いのでいつでも安定した湯の供給が可能になります。
上記にある、設置スペースの場所を取らないことも、
昨今の住宅事情では大きな利点となっているようです。

燃焼時の騒音についても、気になる方も多いと思いますが、
最近の給湯器は静かなタイプも開発されているのでさほど気にならないものもあります。

ガス式と言ってもその種類はとても多いです。
ガスの種類によって対応機種も異なりますので、当店のスタッフにお問い合わせください。

給湯器の歴史、そして現在


私たちは普段から当たり前のように給湯器を使用して、
お風呂を沸かしたり、シャワーを使ったりしています。
戦後のガス風呂釜の時代から、給湯器は様々な技術革新を経て、現在の姿になっています。

では、どのように変遷し、給湯器は普及してきたか、その歴史を遡って
みましょう。

ガス風呂釜時代~セントラル給湯時代


戦後の混乱期を抜け出した1950年代に、給湯器の需要は増大します。

もともと1930年(昭和5年)にガス給湯器の国産第一号が発売されていましたが、
戦後に、シャワーという入浴習慣を持つ進駐軍が、ガス器具開発や、
ガスのインフラ整備を強く要望したという背景もあって、
風呂釜の提供をガス会社が積極的に拡大したのです。

それまでの中心的な熱源が、薪や石炭という固形燃料の時代から、
ガスや石油へと転換を大きく遂げていきました。

1965年頃、内風呂(1963年家庭風呂普及60%)や、台所のガス小型湯沸器
が普及する中で、湯沸器市場は小型タイプが主流でしたが、
浴室でのシャワーニーズの高まりにより、中型湯沸器でのセントラル給湯の時代を迎えます。

「お風呂の自動化」が到来


「お風呂の自動化」が80年代以降に加速されていきます。
当時のほとんどの家電製品が自動化されている中で、
2度、3度と浴室に足を運んでお風呂の準備をして、
熱くしたり、お湯を溢れさせたりしないよう確認する必要がありました。
そのようなことから「お風呂の自動化」の開発する動きは必然でした。

そして、1983年 戸建て住宅で給湯器付き風呂釜での全自動化
    1984年 集合住宅に対してFS設置型コンパクトガス給湯器での高温指し湯追い炊き、定量給湯で自動ストップ化機能

以上の製品が発表されます。

熱源の多様化、そして省エネ化の加速


ガスだけではなく石油、電気も給湯器の熱源としてありますが、
最近になると省エネ化の流れから、

 電気式の「エコキュート」
 ガス式の「エコジョーズ」 
 電気式、ガス式を組み合わせた「ハイブリット給湯器」

これらが市場に参入してきています。
 
また、ガス中の水素と空気中の酸素との化学反応により発電する
   燃料電池コージェネレーションシステム 「エネファーム」

も普及してきています。

そして、2016年4月 電力小売り
    2017年4月 都市ガスの自由化

によりライフプランに合わせ、消費者は給湯機を自由に選択できるようになりました。
給湯器も今後多種多様な商品が市場に投入され、
より一層、省エネ化技術も開発されていくものと思われます。

コンテンツページ6

見出し1

CIMG7327
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し2

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し3

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

コンテンツページ5

見出し1

CIMG7327
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し2

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し3

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

コンテンツページ4

見出し1

CIMG7327
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し2

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

見出し3

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

給湯器でお困りの方は住設ガスライフ新潟にお任せください!
新潟県ならどこでも最短即日対応いたします。工事エリアは工事エリアは新潟県内の新潟市、長岡 市、三条市、燕市、加茂市、柏崎市、見附市、五泉市、新発田市、他!無料でリンナイ・ノーリツガス給湯器交換などの機器保証は安心の5年保証付です。工事 見積もりも承っております。

無料相談・お問い合わせはコチラから 0120-995-840 メールでのお問い合わせはコチラから

ガス給湯器故障修理、交換対応エリア

新潟県全域対応可能!

新潟のガス給湯器・修理交換専門店!
新潟市、上越市、三条市、燕市、長岡市、柏崎市、加茂市、新発田市、五泉市は即日スピード対応!
地域最安値を目指します!ノーリツ、リンナイ、パロマ他、給湯器のことならお気軽にご相談ください!

  • ノーリツ
  • リンナイ
  • パーパル
  • ハーマン
  • パロマ
  • コロナ

24時間受付年中無休