キャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス消費者還元事業

引っ越しで必要なガスの手続きは?立ち合いの実際の流れを紹介

引っ越しで必要なガスの手続きは?立ち合い実際の流れを紹介

引っ越しに伴うガスの停止・開栓には立ち合いが必要な場合があります。直前になってバタバタしないためにも、手続きの内容や順序はきちんと押さえておきたいですよね。

この記事では、引っ越しのときに必要なガスに関する手続きや立ち合いの有無についてご紹介します。ガス会社への連絡から立ち合いまでの流れもチェックして、新生活への準備をスムーズに進めましょう。

旧居ではガスの停止手続きを

引っ越しの日程が決まったら、今まで住んでいた家のガスを止める手続きをしましょう。こちらは基本的に立ち合いの必要はなく、電話やインターネットで簡単にできます。

引っ越しの1週間前までに連絡

ガスの停止手続きは、契約しているガス会社に連絡すれば完了します。引っ越しの1~2週間前を目安に、余裕を持って申し込みましょう。

手続きをするときには、次のような情報をメモしておくとスムーズです。

  •  現住所
  •  契約者の氏名
  • お客様番号
  •  引っ越しの日時
  • 連絡のつく電話番号

契約しているガス会社が分からないときや、お客様番号を確認する際にはガスの検針票が便利ですよ。

ガスの停止に立ち合いが必要なケース

基本的にガスの閉栓は、事前の申し込みさえしておけば作業に立ち合わなくても大丈夫です。しかし、建物によっては立ち合いの必要が出てきます。

例えばガスメーターが屋内にある場合や、建物がオートロックで住居者しか開けられない場合です。不安なときは、申し込みと一緒に業者に確認することをおすすめします。

新居でのガス開栓には立ち合いが必要

一方、新しく住む家でガスを使うには、その地域を管轄するガス会社に連絡して開栓作業を行う必要があります。そして、開栓には住居者の立ち合いが不可欠です。

そこでここでは、立ち合いが必要な理由や申し込みのときのポイントを解説します。

なぜ立ち合いが必要なの?

そもそもガスを使いはじめるのに立ち合いが必要な理由は、安全のためです。

ガスは生活に欠かせないものですが、気体なので異常に気付きにくいのが特徴。そのため開栓の当日はプロによるガス漏れのチェックや、ガス機器の使い方のレクチャーがあります。これは、新居でも安心してガスを使うために欠かせません。

さらに、災害などでガスメーターにエラーが出たときの対処法についても説明してもらえます。いざというときも事故を防ぎ、自分や家族の身を守ることにもつながりますよ。

引っ越し前にガス会社へ連絡

立ち合いが必要となるガスの開栓作業も、まずはガス会社へ予約の連絡をします。こちらは確実に立ち合いができるよう、余裕のあるスケジュールで申し込むことが大切です。

連絡のタイミングは、解約手続きと同じく1週間前までが目安。しかし引っ越しの多い3月や4月は予約が混み合うので、なるべく早く開栓の日程を決めることをおすすめします。

ガスの使用を申し込むときに伝えるポイントは、以下の通りです。

  •  名前
  •  引っ越し先の住所
  •  引っ越しの予定日
  • ガスの開栓を希望する日時(いくつか候補があると安心)
  • 連絡のつく電話番号

上記に加えて、引っ越し先で使うガス機器が決まっている場合はこれも伝えておきましょう。契約するガスの種類に、機器が対応しているかどうかが確認できます。

立ち合いのときの流れをチェック!

ガスの開栓作業に立ち合う時間は、15分から20分程度です。基本的な流れと、説明を受けるときに注目したいポイントをご紹介します。

  1. ガスメーターの開栓と安全確認

業者が引っ越し先に到着したら、すぐにガスメーターの開栓作業がはじまります。このときにメーターに異常がないか、ガス漏れをしていないかなどの点検も行われます。

  1. ガスの使用方法や注意点について説明

ガス栓が開き次第、業者と一緒に実際にガスが使えるかどうかチェックをしましょう。このとき、事前に使用するガス機器を準備しておくと安全な使い方もレクチャーしてもらえます。

さらに、ガスメーターの表示内容に関する説明も注目したいポイント。普段はなかなか見ない部分ですが、災害やガス漏れなどの異常が起こったときのためにガスメーターの復旧方法を知っておくと安心です。

  1. 支払いに関する確認と契約書のサインをして終了

最後に料金プランや支払いの日程・方法などを確認します。これらが記載された契約書にサインをすれば、引っ越しに関するガスの手続きは完了です。

契約書の控えは大切に保管し、支払いの日程や管理会社の連絡先を忘れないようにしておきましょう。

立ち合いが難しいときの対処法

やむを得ない理由で開栓作業に立ち合えないときは、代理人を立てられます。家族や友人、大家さんなど信頼できる人にお願いしてください。

また、代理人に立ち合ってもらう場合は業者にも連絡をしておくと、当日もスムーズに手続きをしてもらえます。

引っ越しのときにはガス関連の手続きを忘れずに!

お風呂や料理などに欠かせないガスは、引っ越した当日から使えると嬉しいですよね。特にガスの開栓は自分でできないからこそ、早めに申し込んでおくと安心です。

さらにガス栓を開けるときの立ち合いでは、普段は聞けないようなプロの説明を受けられます。この先も安全にガスを使うための貴重な機会なので、聞き漏らしのないようにしたいですね。

給湯器でお困りの方は住設ガスライフ新潟にお任せください!
新潟県ならどこでも最短即日対応いたします。工事エリアは工事エリアは新潟県内の新潟市、長岡 市、三条市、燕市、加茂市、柏崎市、見附市、五泉市、新発田市、他!無料でリンナイ・ノーリツガス給湯器交換などの機器保証は安心の5年保証付です。工事 見積もりも承っております。

無料相談・お問い合わせはコチラから 0120-995-840 メールでのお問い合わせはコチラから

ガス給湯器故障修理、交換対応エリア

新潟県全域対応可能!

新潟のガス給湯器・修理交換専門店!
新潟市、上越市、三条市、燕市、長岡市、柏崎市、加茂市、新発田市、五泉市、見附市、胎内市 他は即日スピード対応!
地域最安値を目指します!ノーリツ、リンナイ、パロマ他、給湯器のことならお気軽にご相談ください!

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休