キャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス消費者還元事業

ビルトインコンロの選び方は?チェックしたい5つのポイント

この記事では、ビルトインコンロの選び方をご紹介します。キッチンに埋め込むビルトインタイプのガスコンロは、毎日使うものだからこそ失敗のないように選びたいですよね。

そこで今回は、特に注目したいポイントを5つピックアップしました。機能や安全性などさまざまな観点からチェックして、長く使えるものを見つけましょう。

今使っているガスコンロの種類

ガスコンロはキッチンの形によって種類が分かれるので、まずは今使っているものを確認してください。

例えば据え置き型や調理台とコンロが一体化しているタイプは、キッチンを作り変える工事が必要です。しかし、すでにビルトインコンロを使っている場合は、いくつかのポイントをチェックしたうえで新しいものに交換ができます。

ガスの種類

普段私たちが使っているガスは、都市ガスとプロパン(LP)ガスの2種類に分けられます。このガスの種類によって使えるガス機器も変わってくるので、必ず確認しておきましょう。

対応しているガスの種類は、今使っているガスコンロの製品シールや取扱説明書のほか、ガスの検針票でも確認できますよ。

オーブン交換の有無

ビルトインコンロのなかには、オーブンがセットになっているタイプもあります。このオーブンも、ガスコンロと一緒に交換するかどうかを決めておいてください。

ガスコンロもオーブンも替える場合は、どのメーカーの製品を選んでも大丈夫です。ガスコンロだけを交換するなら、オーブンと同じメーカーの製品を選びましょう。

使いやすさや家族の人数に合う大きさ

続いて注目したいのが、ビルトインコンロの規格です。家族の人数や調理のしやすさを考えて、天板の横幅やバーナーの口数を選びます。

天板の横幅

ガスコンロのサイズは、調理台の上に出る「天板」の横幅で決めます。なぜなら、グリルやつまみがある本体の大きさや縦幅には大きな差がないからです。

天板の横幅は、60cmと75cmの2通り。例えば調理台を広く使いたい人には、60cmがおすすめです。一方、大きな鍋やフライパンを使う人には、バーナー口同士の間が広い75cmタイプが適しています。

しかし、ガスコンロの上にあるレンジフードの幅よりも大きなものは法律で使えないことになっているため、注意しましょう。

バーナー口数

ビルトインコンロには、バーナーの口数が2口のものと3口のものがあります。家族の人数に加えて、普段同時に調理する量も考えながら数を選んでください。

特に近年は3口タイプが人気で、ラインナップも増えてきています。

好みのデザインや素材

キッチンの雰囲気に馴染む見た目のビルトインコンロを選べば、料理の時間も楽しく過ごせますよね。デザインを選ぶうえで特に注目したいのは、天板と鍋を置くゴトクの素材です。

素材の色や質感だけでなく、お手入れのしやすさも確認しておくと快適に使えますよ。

天板の素材

天板に使われる主な素材は、次の5種類です。

  • ホーロー
  •  ガラスコート
  •  強化ガラス
  •  アルミ
  • ステンレス

なかでもガラスコートや強化ガラスでできた天板は、カラーバリエーションが豊富で人気があります。汚れもサッと拭き取れるため、お手入れも簡単です。

一方、ホーローやアルミ・ステンレスなどは丈夫さが魅力。もちろん素材ごとに価格も異なるので、予算とも相談しながら決めましょう。

ゴトクの素材

ゴトクの多くは、ステンレスかホーローのどちらかでできています。ステンレス製のものは色が明るく、スタイリッシュな雰囲気が魅力です。汚れが目立ちやすいためこまめなお手入れは必要ですが、丈夫で長く使えます。

また、ホーロー製のゴトクは色が暗めで汚れも目立ちにくいのが特徴です。そのため、なかなかガスコンロの掃除ができないという忙しい人に適しています。

安心して使える安全機能

油の過熱防止や自動消火機能は、国や業界の定めでどのガスコンロにも備わっています。しかし、子どもがいたりお年寄りが火を使ったりする家庭では、プラスアルファの機能もあると安心です。

例えば子どもがいる場合は、いたずらを防止するための点火ロック機能が便利。また、揺れを検知するセンサーが付いたタイプなら、万が一地震が起きてしまったときも二次災害を防げます。

近年はこうした機能が充実しているビルトインコンロも増えているので、家庭の状況に合わせて安心して使えるアイテムを選びましょう。

設置するときの工事費

こちらはビルトインコンロというよりもコンロを買うお店の選び方に近いですが、設置工事費の確認も大切です。

ビルトインコンロの交換や設置は、資格を持つ業者でないとできません。そのため、製品代に加えて、業者の交通費や設置費用なども上乗せされます。

予算と相談しながら、いくつかの業者に見積もりをお願いするのもおすすめですよ。

長く使えるビルトインコンロを選ぼう!

ビルトインコンロを選ぶときには、今使っているものの種類や大きさ・安全性などチェックすべきことがたくさんあります。そのなかでも、自分が大切にしたいポイントを決めておくことが大切です。

ガスコンロは頻繁に交換するものではないので、この記事を参考に理想的なアイテムを探してみてくださいね。

給湯器でお困りの方は住設ガスライフ新潟にお任せください!
新潟県ならどこでも最短即日対応いたします。工事エリアは工事エリアは新潟県内の新潟市、長岡 市、三条市、燕市、加茂市、柏崎市、見附市、五泉市、新発田市、他!無料でリンナイ・ノーリツガス給湯器交換などの機器保証は安心の5年保証付です。工事 見積もりも承っております。

無料相談・お問い合わせはコチラから 0120-995-840 メールでのお問い合わせはコチラから

ガス給湯器故障修理、交換対応エリア

新潟県全域対応可能!

新潟のガス給湯器・修理交換専門店!
新潟市、上越市、三条市、燕市、長岡市、柏崎市、加茂市、新発田市、五泉市、見附市、胎内市 他は即日スピード対応!
地域最安値を目指します!ノーリツ、リンナイ、パロマ他、給湯器のことならお気軽にご相談ください!

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休